化石人のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカ国立公園の旅3日目

<<   作成日時 : 2017/04/01 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3日目の今日はコロラド川馬蹄形に蛇行している、ホースシューベンドと、神秘の迷宮アンテロープキャニオンの観光です。

画像 まずは朝食。ホテルの朝食はワンプレート、いわゆるアメリカンブレックファーストです。
 8時にバスでホテルを出発、ホースシューベントまでは130km、所要時間は約1時間半です。

 同じ”砂漠”を走りますが、昨日とはまた違った風景です。昨日はいろいろな形をした岩山(それも茶褐色)が見える中でしたが今日はコロラド高原、広々としています。景色の中の緑色、白系統もあります。


画像 ここがホースシューベントとバスが停まった場所は広々とした高原の一角。バスを降りて歩きます。丘を越えると断崖の縁に人が並んで立っているのが見えます。













画像 なだらかな下り坂を降りて行き、その縁まで行くと眼下に川が馬の蹄鉄のような形に蛇行しているのが見えました。
 昨日の場所は無彩色でしたが、川の色はエメラルドグリーン、岩肌にも色彩があります。
 断崖の縁のどこにも柵なんてものはありません。安全マージンが取れる所から覗き込むしかありません。
 幸いなことに、どの場所も足元の傾斜はこちら向きなので滑って落ちてしまうという不安は最小限でした。








画像 近くのレストランでお昼を食べて、アンテロープキャニオンに向かいます。
 場所はそんなに離れていません。バスを降りたこ所はこれまた周りが開けたところ。発電所の煙突も見える所です。
 ここから改造された4輪バギー風のトラックの荷台に10人ずつ分乗してアンテロープキャニオンに向かいます。 走る道は水のない川底のようなところです。日本の川とは違い底は石ころではなく薄茶色の砂です。












画像 しばらく走ると崖に突き当たります。そこに細長い裂け目があります。これが入り口です。ババギーの運転手さんであるガイドさんに付いて中に入っていきます。


















画像 中は薄暗いですが天井からの光が差し込んでいます。その光によって周りの砂の層が色を変えます。 
 写真をバシャバシャ撮りながら進んでいきます。残念ながらゆっくり鑑賞させてもらえる暇はありません。同じ場所でたたずんでいることも許されません。400mほど歩くと出口です。そこはバギーで走ってきたと同じような川底です。
















画像 ”アンテロープキャニオンは排水溝です”という意味が分かりました。ここへ流れてきた水がアンテロープキャニオンを抜けていくということなのですね。その流れが岩を削り、さらに水のないときの砂嵐の浸食ででこんな形になったということのようです。
 同じところを通ってバギーまで戻ります。帰りは止まらずにさっさと歩かされます。
それでも女房はとても感激していました。
 ボクはそれより、こんな場所にあった、ということに驚かされました。街のすぐ近くです。”秘境”=”人里離れた山奥”ではなくなりました。ボクの”秘境”という言葉のイメージ、概念を訂正し鳴ければなりません。




画像 その後、グレンキャニオンダム、からレイクパウエルが見渡せる場所へ行きました。とにかく広いです。360度の展望があります。お天気のせいもあるのでしょうがとても明るい雰囲気です。

 そして、ウオールマートに寄った後、近くのレストランで夕食をすませ、途中道路脇の展望台から水平な大地に沈む夕日を鑑賞し、ホテルに戻りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカ国立公園の旅3日目 化石人のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる