山梨~長野お花見ドライブ

 3月30~31日女房とプリウスαに乗って山梨~長野(南信)へお花見ドライブに出かけました。
 まずは中央道釈迦堂PAから階段を上って釈迦堂遺跡博物館。この辺りは桜よりも桃の花。眼下のもも畑は一面桃色です。
 さらに周りの桃農家にはスモモ等色とりどりの花が咲いています。農園の中にも入れてもらえました。

CIMG5333.jpg

 次は一宮御坂ICで高速を下り、八代ふるさと公園へ。10日前に来たときは蕾だった花も満開に近いぐらい咲いています。
 ここからも桃畑が一望できます。

CIMG5339.jpg

 広域農道を西へ。次は富士川を渡り日本さくら名所百選に選ばれているという、大法師公園へ向かいます。
 ガードマンのおじさんの指示に従って細い急坂を山の上の方へ上がって行きます。公園グラウンドが駐車場になっています。(有料500円)
 桜まつり開催中。お店や休憩所のテントが広場に並んでいます。
 桜は見事に咲き、その桜越しに富士川が眺められます。条件が良ければ、富士山も見えるとか。

CIMG5350.jpg

 12時が過ぎたのでお昼にします。ネットによると近くのゴルフ場のレストラン(殿原倶楽部ナチュラルダイニング)そんな高くもなく良さそうなので行ってみました。しかし今日火曜日は定休日と言われました。残念。
 で、ボクが10日前に行った“凪”へ向かうことにしました。
 途中、増穂小学校の前を通りました。ここに“旧舂米学校校舎”が増穂町教育資料館(現富士川民俗資料館)として移築保存されています。
 日曜、水曜日のみ開館なので中には入れませんでしたが、校地内に入って写真だけ取ってきました。
 これで、現存する藤村式学校5つをコンプリート。
 現存するのは10分の1以下。擬似洋風建築自体が日本の風土に合っていないということもあるでしょうが、藤村県令の政策に異議を唱える反対勢力が多数いたという証左でもあるかも知れません。

CIMG5356.jpg

 今日のボクの丼ぶりは“ばらちらしとマグロのヅケちらし”、女房は“北海ちらしと白身魚のヅケちらし”をそれぞれチョイスしました。
 女房も大変満足していました。

CIMG5363.jpg

 食べ終わった後は北上します。
 “うら身延高峰山妙了寺”これは大法師公園と同じように、日本気象協会(tenk.jp)の全国満開情報 2021で調べました。
 ソメイヨシノ30本があるということですが、もうすでに盛りは過ぎているようです。

CIMG5372.jpg

 農道をさらに北上し“わに塚の桜”へ。しかし駐車場は満車。車に乗ったままぐるっと1周して車窓からの観桜となりました。

CIMG5377.jpg

 次は定番の“山高神代桜”なのですがもう3時近いのでパス。宿に向かいます。
 今日の宿は“たつのパークホテル”。高速は使いません。20号線を北上します。
 何故か県境開国橋あたりから回りの景色に桜の花が見られなくなりました。元々木がないのか、開花していないのかは定かではありません。
 急坂の有賀峠経由で伊那谷に入りホテルへ。
 たつのパークホテルは荒神山のてっぺんにあります。そこへの道は細くて急傾斜でした。4時半到着。
 密を避けるために食事は2部制。ボクらは7時からの会となりました。
 それまでゆっくりお風呂につかります。露天風呂には塀もなく開放的でよく見渡せます。ここも、”tenk.jp開花情報長野県”に載っている場所です。
 でも、まだ開花したばかりみたいですね。

CIMG5387.jpg

 夕飯は海・陸・川の食材がメインな三大味覚会席。
 今回は“ゆこゆこ”で予約しました。何故か同じプランが“じゃらん”に比べ一人2000円近く安いのです。こういうこともあるからよく調べなければいけませんね。
 ”地酒三種飲み比べ”でほろ酔い気分。2人でちょうどよいくらいの分量でした。これも最初から注文しておくと1割ほどお安くなります。

CIMG5382.jpg

 翌日、誰もいないお風呂で朝風呂のあと8時から朝食。鮎の干物がありました。昔一度だけ、郡上八幡の旅館で出たことがあります。
 昨日も鮎の塩焼きが出てきましたが、鮎って1年中食べられるものなのですかね。

CIMG5389.jpg

 食後ホテルの周り、荒神山のてっぺんを散策。見晴らし台やD51も置いてありました。
 9時半ホテルを出発。伊那谷を南下しながら桜を観ます。
 まずは箕輪町、樹齢1000年を越えるといわれる“中曽根のエドヒガン桜”。樹本に権現様が祀られているので“権現桜”という標識が出ています。
 中央アルプスに向かって上っていく道から少し入った所。
 「え、ここ入っていいの?」と思うぐらいの細い道。でも2台ぐらい停められるスペースが確保されていました。
 残念ながらまだ蕾です。ライトアップされる設備がありました。でも、来た人はどこに車止めるんでしょうね。

CIMG5397.jpg

 次はホテルの人に教えてもらった伊那市の春日公園。
 ここは見事です。“春日城”の城跡で空堀の後と見られる場所があります。そこを渡る橋。高遠城より規模は小さいかもしれませんが十分満足できます。
 ここはtenk.jp開花情報長野県に載っていません。知らせない方がいいです。地元の人たちがたくさん来ていましたから。


CIMG5414.jpg

CIMG5423.jpg

 高遠の桜はまだ咲いたばかりで、入場料、駐車料金もかかるのでパスすることにしました。観光バスが来ないのでお城下の駐車場に車は止められるみたいですけれど。
 次は駒ケ根市“光前寺のしだれ桜”。行ってみて気が付きました。以前、同じ時期に来たことがありました。もう12年も前の事なのですね。
 ここもまだ咲いていません。

CIMG5434.jpg

 12時半も過ぎたのでお昼にします。
 門前のお蕎麦屋さんに入りました。ボクはこの辺りのソールフード、ソースかつ丼とお蕎麦のセット、女房はキノコそばをいただきました。

CIMG5436.jpg

 まだ、阿南町、阿智村の桜の名所を調べておいたのですが、これからさらに南下して新東名高速にのって帰るつもりなので桜見物はここまでにしました。
 まずは151号線を南下します。
 浜松いなさICから新東名に入れるように、道の駅で手に入れた地図から経由地をいくつか入れて家までナビをセットしたら<340㎞・8時10分到着>と出ました。

CIMG5439.jpg

 道は広くなったり狭くなったり、愛知県の道の駅“豊根グリーンポート宮嶋”で休憩。
 さらに山間部の道を走り、ようやっと三遠南信自動車道無料区間入口に到着。
 ここから高速。新東名は120㎞区間。追い越し車線ブロックの車があるにしてもアベレージは100㎞制限の道よりは速くなります。暗くなって走るのは嫌なので明るいうちは走り続けることにして駿河湾沼津SAまでノンストップ。
 6時も過ぎたので夕飯をここで済ませることにしました。フードコートで女房はカレーライス。ボクは“うな玉丼”

CIMG5444.jpg

 外はすっかり暗くなりその中を走ります。歳のせいか夜は世間が見にくくなります。本来ならば長泉沼津から箱根越えなのですが、そのまま東名を走り圏央道経由で帰ってきました。伊勢原JCTのおかげで圏央道に出るのもかなり気が楽になりました。

8時15分帰宅  2日間の走行

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント