伊豆下田へ1泊

 昨日、一昨日(21・22日)伊豆下田に一泊してきました。“じゃらん”の事前決済の期間限定ポイントが毎月あるので月一のお泊りです。

 9時半に家を出て伊東でお昼。今日は沖縄本社の溶岩焼きSteak“やっぱりステーキ伊東店”。
 看板にもあるように1000円でステーキが食べられます。もちろんグラム数、種類によってお値段は違います。ごはん・スープ・サラダはお替り自由。

CIMG0703.jpg

 ボクは“おすすめステーキ”(150g)女房は“ミスジステーキ”(100g)どちらも1000円(税込)を注文。サラダはシンプルにキャベツ+αとマカロニ。スープはかき卵入りコンソメ。ごはんは黒米と白米。
 お肉はレアーで溶岩石の上で好みに焼きます。ソースはテーブルの上に何種類もありソース皿は3ケ所に分かれているのでより取り見取りです。ワサビ・ニンニク・唐辛子のようなものもあります。
お肉はどちらも柔らかくなっています。筋をきちんと取っているということで口に残ることはありません。
 味はやはりミスジの方がよかったですね。“追い肉”というのもあって100gずつどんなお肉も追注文ができるようになっています。ちょっと物足りないので“追い肉”しようかなと思いましたが今日はやめときました。

CIMG0699.jpg

 食べ終わってこのままホテルに向かうとチェックイン時刻より早くなるので、河津バガテル公園に寄ってソフトクリームを食べることにしました。
 お客さんはほとんどいません。まだちょっと秋のバラの季節には早い時期です。
 有料のエリアには入らず、バラ味のソフトミックスをいただいて、プラタナスの木陰のベンチでくつろぎました。

下田1.jpg

 今日の宿は“リブマックリゾート伊豆下田”別荘地内にあります。
 この辺りにあるリブマックリゾートの中では一番リーズナブルな施設です。その分建物が古い、共同浴場が狭いということがあります。でも、各部屋に温泉露天風呂がついているのでいいでしょう。

CIMG0725.jpg

 夕飯はバイキング。リブマックリゾートここで3件目ですがどこも同じコンセプトです。こじんまりとしているにもかかわらず品数は豊富です。わさわさしていないので落ち着いて食べられます。
 それぞれ料理の下に小鉢が用意されていたのに気づかず、大皿に取ってしまいました。小鉢で綺麗に並べたら見た目も良くなったと思われます。
 で、やっぱり、お腹いっぱいになるまで食べてしまいました。

CIMG0715.jpg

 次の朝、朝風呂は部屋の露天風呂で。
 朝食は7時半からに。1時間半以上かけてゆっくりといただきました。

CIMG0723.jpg

 10時半までゆっくりして近くの“龍宮窟”へ。
 田牛の“サンドスキー”は昔から観光スポットとして知られていました。

CIMG0743.jpg

 近年、すぐ隣の“龍宮窟”の方が“映え”スポット。“ゆるキャン△”スポット。“ジオ”スポットとして知名度が上がっているところです。

ryuuguu.jpg

 風の強い中ゆっくりと散策してさてどちらへ‥‥。やっぱり西回り。
 雲見から松崎。漁港の直売所でサザエ2個を買い。お昼は?
 まださほどお腹も空いていないので“塩カツオうどん”でも。
 ちょっと小ぎれいで松崎のソールフード“塩カツオうどん”がメニューにある お店“味正”へ。ところが、木曜日お昼はお休み。 ほかのお店はちょっとね~。
 先へ進み“はんばた市場”へ。ここで“うどん”のテイクアウトを見つけました。
 今日はこれでいいか。ということで買っい、土肥の“松原公園”の駐車場でいただきました。

simoda.jpg

 その後は舩原峠を越えて伊豆縦貫道。修善寺ICで下りて有料部分をパスし、再び伊豆縦貫道。江間ICで下りて再度有料部分をパス。ETCが使えないこの有料区間、お金を出すのが面倒なバイクではいつもこのパターンです。
 “道の駅伊豆ゲートウエイ函南”で休憩。ここにはオラッチェのソフトクリームもあるのですが、今日は隣の“わさびミュージアム”でワサビソフトをいただきました。

ソフト.jpg

 その後は伊豆縦貫道~箱根のコース。この日の箱根への登り、空いていました。法定速度+αで走っていても追い越されることもなく、追い越したのは2台だけでした。
 5時半帰宅。2日間の走行314㎞。メーター読みで22.3㎞/ℓでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント